飽和する趣味に溺れる、とある奈良県民の徒然趣味日記。

ロッテリアで「4 種チーズと三元豚ヒレ勝つバーガー」を食べてきた

2016年2月11日

 新車の走行性能評価のため訪れた針 T.R.S で、新メニューを掲げたロッテリアの垂れ幕をふと目にしたため、昼食はロッテリアで摂ることに。
 今回の新メニューは「4 種チーズと三元豚ヒレ勝つバーガー」。「ヒレカツ」ではなく「ヒレ勝つ」。受験シーズンなどの勝負の時期に相応しいメニューとして開発したとのこと。

 イロモノというか個性的なメニューがやたら多いロッテリアとしては、見た目も内容もコンセプトも凄く落ち着いた常識的な範疇で収まった新メニュー。

常識的で味も平凡、ゆえにそこそこイケるという妙な完成度

 メニューは単品じゃなくセットで。ファーストフードの単品注文が何か損した気分になるのは、明らかに策略に嵌ってる感するけど(笑)

160211-07

 今回はドリンクはジンジャーエールで。最近コーラ系よりジンジャーエールの方が好きになってきた……

160211-08

 外観は奇抜な感じが一切ない、ごくありふれた感じのハンバーガー。大きさもごく普通。

160211-03

 このテのお約束通り、垂れ幕にあったようなボリュームは一切存在しない。まぁこれはファーストフードの一種の様式美みたいなもんなので特に文句ないけど(笑)

160211-09

 中身はこんな感じ。2枚の三元豚のヒレカツとキャベツ、そしてソースにはウスターソースをベースに、はちみつ・りんご・すりおろした金ごまを加えた「特製金胡麻入りソース」と、ホワイトチェダーチーズ・クリームチーズ・モッツァレラチーズ・カマンベールチーズの4種類のチーズを使用した濃厚でコクのあるチーズソースが使用されているとのこと。

 口にしてみると、通常のパティとは違うカツのサクッとした歯応えと豚肉の柔らかな食感が意外に口当たり良く、金胡麻ソースとチーズソースのコクがうまく絡まって良い感じに美味しかった。

  変態的な 個性的なメニューが多い中では極々常識的な構成のため味に関しても決してインパクトがあるわけではなく、ごく普通の「美味しさ」の範疇に行儀良く収まっている感じではあるが、受験シーズンに合わせて「勝負に勝つ」というコンセプトとうまくマッチさせている点といい、結構良い感じの新メニューだったと思う。

 ……とは言っても発売されたのが1月初旬で2月初旬頃までの期間限定品だったので、新メニューとしてレビューするにはもう随分と経ってしまったが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント更新情報