飽和する趣味に溺れる、とある奈良県民の徒然趣味日記。

マクドの「北海道(仮称)バーガー」実食レビュー

2016年2月26日

 この度「北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガー」という正式名称が確定した、マクドナルドの「名前募集バーガー」こと「北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特製オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー(仮称)」を食べてみた。

 ちなみに実際に食べたのは正式名称が決定する前の仮称状態の時だったが、今回名前が決定したということでこのタイミングでレビュー。

 今回はマクド史上初(多分)の「新製品の名称を公募する」という試みで、案の定ろくでもない名称も多く応募されたようだが、その応募総数は数百万件という膨大な数だったとのことなので、注目を集めるという意味では大成功を収めた今回の新バーガー。
 具材もポテトにチーズにベーコンにビーフと自分の好きなもののオンパレードのため、最近マクドには少し失望気味だったが少し期待しながら食してみることに。

相変わらずの理想と想像の落差が激しいボリューム。でも味はまあまあイケた

160227-01

 今回はマクド店内ではなく、時間の都合から久方ぶりにドライブスルーの持ち帰りにて実食。

 まず見た目と中身。一見して明らかに公式と異なる内容量は相変わらず。多少の見た目だけならともかく、絶対容量的にも詐欺なの丸分かりなレベルでの相違はダウトだろーに……

 でもまぁこれはファーストフードの伝統というか飲食店の風習みたいなもんなのでひとまずスルー。

 肝心の味に関して公式発表では、

北海道産じゃがいもにバターの風味でコクをつけた具材感たっぷりのポテトフィリングと、北海道産の生乳から作られたチーズを使用した濃厚で味わい深いチェダーチーズが特長のハンバーガーです。ジューシーなオーストラリア・ニュージーランド産100%ビーフパティにスモーキーなベーコン2枚をプラス。オニオンソテーを焦がし醤油の風味で味付けした香ばしい特製オニオンソースで仕上げました。一つ一つ丁寧に手で丸め、色よく焼き上げた特製3段バンズは、弾力のある食感が特長です。

引用 – アンカーテキストを記述

 とのことだが、なるほど実際に口にしてみるとなかなか美味しい。

 というよりもマクドはフィレオフィッシュやチキンなど、明らかに素材が異なると分かるもの以外のバーガーの味はどれも似たり寄ったりなのがほとんど。唯一際だって美味しいと感じるのはてりやきマックバーガーぐらい?(あれはソースが抜群に美味しい)

 でも今回は割とポテトの食感と味が良い感じに全体と絡み合い、いつもとは異なる風味を醸し出していた。まぁここら辺自分の好きな具材でもあったというのもあるけど、悪くなかったどころか結構好みの味だった。

 ただ惜しむらくはやはり内容量……せめて今回のウリであるポテトの量ぐらい公式画像と同量程度は盛ってもバチあたんねーだろと思う。むしろそれやれば今回のバーガーは個人的にはかなり高評価。「肉よりポテトがメインです。ポテト食って下さい」ぐらいの意気込みをもっと叩き込んでも良かったんじゃないかと。

 正直言ってマクドは一時期散々やらかした上にそのリカバリーすら疎かにし過ぎてしまったので、これからはかなり気合い入れないともう元のファーストフードの王座には戻れないんじゃないかと思う。最近(日本では)新興のバーガーショップも多くなってきてるし。

 個人的にはマクドはフィレオフィッシュとてりやきマックバーガーとマックシェイクさえあればいいと思ってるし、逆にそれらを提供し続けるうちは見切りを付けることは決してないので、ぜひこれらの商品に並ぶ新商品を考え抜いて発表してほしいところ。無理?でも頑張れ(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメント更新情報