飽和する趣味に溺れる、とある奈良県民の徒然趣味日記。

Edge530用純正シリコンケースが想像以上の実力だった件について

2019年12月10日

 先日導入したガーミンのEdge530だが、これはロード乗りならなら常識レベルでご存じのように実売価格が本体のみでも4万円はする超高級サイコン。
 万が一転倒して壊れずともちょっと傷が付いただけでも一週間は震えて眠れないレベルでショックを受けかねない……ということで画面に保護シールは追加したものの、それだけではまだ足りないと感じてEdge530全体をカバーする保護ケースの導入を追加決定。

 Edgeシリーズ用保護ケースは純正サードパーティー製含めて複数の選択肢があるものの、最終的には価格帯としては最高値と言ってもいいくらい高価なガーミン純正のシリコンケースを採用することに。

 選択の理由は単に「純正じゃ無きゃNo!」などの拘りのみではなく、それなりの理由があってのこと。

GARMIN Edge530用純正シリコンケース 開封&装着

 ガーミンの純正シリコンケースを販売しているショップはいくつかあるが、今回は純正品ということでオーソドックスにガーミンのオンラインストアから購入。

 Edge530全体というものの、タイプとしては四辺を覆うタイプのケース。これだけでお値段税別2,500円はぼったくりと言っても過言ではない……と思っていた。実際使用するまでは。

純正シリコンケース選定理由其の1:ボタンの押し心地(クリック感)の向上

 理由其の1と言うか、わざわざお高い純正品を選んだ最大の理由がこれ。

 この厚みのあるボタン部位を覆う箇所がボタン部分の保護のみならず、副次効果としてボタンの押し心地をよりしっかりとしたクリック感のあるものへとしてくれる。

 これまで1ヶ月ちょいEdge530を使用してきて感じていた、数少ないもののそれでも幾つかあるEdge530への不満点のひとつ、それが「ボタンの押し心地」。
 Edge530はどうにもボタンのクリック感が頼りなく、しっかり押し込んでも「押している」という感覚になりにくい。スカスカとまでは言わないが、ヘニャッとしている感じ。

 だがこの純正シリコンケースを装着することで、ボタン部位を多いシリコンの厚みがこのクリック感の弱さを見事に補完し、よりしっかりとした押し心地を実現してくれる。

 むしろこの純正ケースは保護のためではなく、ボタンのクリック感向上のためと言っても過言ではない。
 残念ながら純正シリコンケースを装着しても、自分が望むレベルのクリック感には至ってはいないが、それでも無いよりかは全然マシ。

 しかしひと言言いたいのが、ボタンのクリック感ぐらい最初から何とかしといてよガーミン……

 数千円程度のお安いサイコンじゃなく4万円超の高級品なんだから、ボタンぐらいケチらずもっと良いもの使って上質なクリック感持たせるぐらいできたでしょーに……

純正シリコンケース選定理由其の2:Edge530との抜群のフィット感

 これは純正だから当然と言うべきか、さすがは純正と言うべきか。

 Edge530に装着した際のフィット感、マッチ感が半端なく丁度良い。

 裏面もこの通り。当然拡張バッテリーにも対応し、充電もこのままできればストラップも通せる。

総評:価格が難点だが、購入して損は無い仕上がりの純正シリコンケース

 安ければ1,000円以下から見つけられるEdgeシリーズ用保護ケース類の中、2,500円の純正シリコンケースははっきり言って中々手を出しにくい……が、実際に使用してみればある程度は納得できるレベルの品質だった。

 私の場合購入の最大の理由は前述の通り「ボタンの押し心地の改善」だったので、もし同様の理由Edge530に不満を持っているなら、この純正シリコンケース是非お薦めしたい。

 カラーバリエーションも今回選択したオーソドックスなブラックだけでなく、

 レッド、ブルー、イエロー、ホワイトなど、ブラックを含めて全7色の展開があるため、自分の好みに合ったカラーを選択できるのもポイント。

 気軽に手を出すにはちょっとお高過ぎるガーミンのEdgeシリーズ、可能な限り長くお付き合いしていきたいので、そのための初期投資と思えば2,500円はまあ悪くないかと……本体価格を考えれば。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメント更新情報