飽和する趣味に溺れる、とある奈良県民の徒然趣味日記。

水漬けしておいたゴーヤの種が……

2013年5月3日

見事にカビた……一部だけだけど。

 水漬けしている種は冷暗所の方が発根率がよいと聞いたので、少しでも暗くしようと容器に軽く被せものをしていたのが風通りを妨げてしまっていたのか……

 採取時にしっかりと乾かし損ねてカビさせた種も多いし、何かゴーヤの種はカビの被害が多い気がする……とは言え悪い話ばかりでもなく、

130503_02

 白い根も少しずつだけど出始めてきたので、一応生長の方はしっかりとしているようでひと安心。ちなみに調べてみたところ、表面がカビても中身さえ無事ならば洗い流すだけで問題ないとのこと。

130503_03

 カビが発生した種は根の部分を傷つけないようにブラシで軽く洗い流し、水を浸したキッチンペーパーも換えて再度水漬けに。
 今のところ発根率は数個程度だが取りあえずこの連休中は様子を見て、発根しない種は残念ながら生育不良と判断して切り捨てることに。

 やっぱり全部の種の発芽は難しそうかも……

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメント更新情報