飽和する趣味に溺れる、とある奈良県民の徒然趣味日記。

登山帰りに昭和町 BOSTON あべのハルカスダイニング店へ

2017年6月25日

 先日友人のふろぱんさんと金剛山へ登山後、観光に寄ったあべのハルカスでついでに夕食でも……と寄ってみたのがハンバーグ専門店の昭和町 BOSTON あべのハルカスダイニング店。
 何でも1952年創業の老舗で、あべのハルカス以外にも昭和町本店をはじめいくつかの店舗があり、店舗によってメニューも異なるのだとか。

雰囲気と風格のある店構えと、ボリューム抜群のハンバーグメニュー

 最初はふろぱんさんの要望でカレー店探しをしていたが、その中で目に付いたのがこの BOSTON。

 それほど大きな店舗ではないが、良い雰囲気を感じることができる店構え。

 何より登山後の疲労した身体と栄養を欲する空腹では、この圧倒的肉塊感には抗えない。

 サイドメニューも充実。お値段も結構するけど……

 創業半世紀以上の老舗とのこと。これは期待が膨らまざるを得ないな……!

じっくり煮込まれたハンバーグと濃厚チーズの重厚感がたまらない

 今回頼んだのは煮込みチーズハンバーグ。ちなみにふろぱんさんは煮込みスープハンバーグ。彼はどうもスープ類が好きとのこと。サイドメニューにポタージュ頼んでたし……

 ハンバーグの存在感が半端ないな!デミグラスソースはグツグツとしっかり煮込まれており、全体に相当な熱気を帯びている。

 少しフォークを入れただけでハンバーグより溢れ出た肉汁がとろっとろに溶けたチーズと共にデミグラスソースと混ざり合い、全身に染み渡る最高の旨味を作り出してくれる。登山後の栄養とたんぱく質を求める肉体にこれは効く……!

 サイドメニューはライスと迷ったが、胚芽パンをチョイス。ちょっと気取ってみたかったので(笑)

お値段がするだけはある老舗 BOSTON のハンバーグ、ステーキ類とはまた違った肉の充実感

 個人的には本当の意味で肉塊なステーキの方が好きだが、子どもの頃は当然の如くはんばーぐが大好きだった……そんな在りし日の記憶をビシバシ刺激する素晴らしい味を体験できた。
 ステーキに対するハンバーグの魅力は、なんと言ってもバリエーションの豊富さと適度な食べやすさにあると思う。

 BOSTON のハンバーグはどちらかというと種類も味も大人向けの厳選された感じだが、それが今現在ステーキ派になってしまった自分を揺らがせるぐらいには心の琴線に触れるものがあった。

 あべのハルカスは通勤ルートにあるのでほぼ毎日通るものの、お財布の関係上そうおいそれと通うことができないという悲しい現実があるが、それでも近場なのだからまた機会があれば訪れてみたいかと。

 今度はもうちょっとマシな服装で。

 正直あべのハルカスみたいなオシャレな場所は登山装備で来るもんじゃねぇなwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメント更新情報