飽和する趣味に溺れる、とある奈良県民の徒然趣味日記。

【2013年度緑のカーテン】 ゴーヤ・第7週目/フウセンカズラ・第6週目

2013年7月13日

 第7週目に入ったゴーヤカーテン、何かとんでもなく急生長。

 既に1階の高さは超え、2階へとそのつるを伸ばしつつある。以前の追肥の効果なのかは分からないが、この様子だと8月までに2階にも届きそうな勢いで何より。

130713_02

 ただ気になるのは、つるの生長がやや東側寄りになっていること。多分日光の当たり具合が原因かと思うが、取りあえずはつるを可能な範囲で誘引し直して対処することに。

130713_03

 ゴーヤの実も確認。昨年同様やはり小さい実なのが残念……今年は追肥も十分のはずなので、後は人工授粉も試してみて様子を見ていこうかと。

130713_04

 東側の緑のカーテンはもうほぼ完成。先週は窓程度の高さだったのが、あっという間に全面を覆い尽くすほどに生い茂った。
 こちらは南側とは異なり朝方しか太陽が当たらないものの、全面に満遍なく日差しがあるためか特につるの偏りもなく見事なカーテンになっている。

130713_05

 こちらにも実を確認。何とか大きい実を付けさせてみたい……

130713_06

 フウセンカズラの方も思った以上に生長しており、エアコンの室外機の高さをあっさりと超えるほどにつるを伸ばしている。
 今年は昨年より多めの8株植えにしたため今のところ密度も十分で、しっかりと緑のカーテンとしての機能を果たしてくれそう。

130713_07

フウセンカズラの方も実が出きているのを確認。今年は昨年以上に大量の種が採れそう。

130713_08

 本日一番の驚愕は、プランターのゴーヤ。あれだけ元気がなかったはずなのに、この一週間で何があったのか急激に回復・生長していた
 所狭しとつるをネットに這わせ、葉の色も問題なく回復するどころか大きくなっているし……ゴーヤの生命力、ホント恐るべし。

130713_09

 プランターのフウセンカズラの方も実を付けており、静かにマイペースに生長中。ある意味一番安定して落ち着いている(笑)

 梅雨も明けて強い日差しが常に差し込むようになったためか、どれも生長が著しくなってきたような感じで良い傾向かも。ただそれは同時に水道代が心配になる季節になったということだったり(笑)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメント更新情報